児童がはねられる交通事故発生

令和3年7月28日(水)午前6時30分ころ、横手市平鹿町の県道上で、男子児童が道路を横断していたところ、左から走行してきた軽トラックと衝突する交通事故がありました。

男子児童は、頭蓋骨骨折の重傷です。

 

道路を横断するときには、

 

・急いでいても飛び出さずに必ず止まる。

・車などが来ていないか、左右だけでなく前後も見て安全を確認する。

・車が来ていたら待つ。

・近くに横断歩道があったら、横断歩道を渡る。

 

ことを守りましょう。

 

道路には危険がいっぱいです。夏休みは開放的な気分になりがちですが、交通ルールを守って、交通事故にあわないようにしましょう。


横手警察署 0182-32-2250

児童がはねられる交通事故発生 イメージ